禁煙は2ヶ月の日数が経てば楽になってくる

タバコをやめて禁煙すると様々なメリットが出てきます。今まで、タバコに払っていた無駄なお金を使わずに済みますし、タバコをやめると心も体も健康になってきます。特にタバコは、肌の敵なので、タバコをやめると肌も綺麗になって、ニキビなどもできにくくなったりします。また、タバコを吸っていたいことによって、失われていた味覚も徐々に正常に戻ってきて、食事がおいしくなります。
禁煙するとどうしてもタバコが吸いたい時期と吸いたくなくなってくる時期があります。これは、タバコをやめた日数に大きく関係してきます。タバコをやめて、2ヶ月ぐらい経てば、だいぶ楽になって、タバコを吸いたいという衝動にも駆られにくくなってきます。このときに注意ししないといけないことが、一本だけなら大丈夫と思い、タバコを吸ってしまうことです。今までずっと禁煙していたとしても、一本でもタバコを吸ってしまえば、またタバコが吸いたくなってしまい、喫煙者に戻ってしまいます。ですので、一本だけだからといってタバコを吸うということは、大変危険なことです。
2ヶ月という日数が経てば、頭の中からタバコという存在が徐々に消えてきます。ですので、この2ヶ月という日数を目安として、禁煙をしてみましょう。2ヶ月も我慢する自信がない場合には、3日を目安にするのも一つの方法です。禁煙は、3日経てば、楽になるともいわれています。また、タバコを我慢するにあたって、禁断症状として、異常な眠気に襲われたりもするので、禁煙するときは、まとまった休みがあるときにするのが最適です。他にも禁断症状としては、手足の震えといった症状もあるので、禁断症状が出ても対応できるようにあらかじめ対応策を考えておきましょう。